更新情報
上映中作品
もっと見る
データベース
 
現在の特集
サイト内検索
メルマガ登録・解除
 
関連商品
ベストセラー
no imaga

2001/1/21
1963年,日本,93分

監督
増村保造(第一話)
吉村公三郎(第二話)
衣笠貞之助(第三話)
脚本
白坂依志夫
笠原良三
新藤兼人
撮影
石田博
小原譲治
渡辺公夫
音楽
芥川也寸志
出演
滝瑛子
ジェリー藤尾
江波杏子
叶順子
川崎敬三
益田喜頓
乙羽信子
森光子
船越英二
preview
 増村・吉村・衣笠という人気監督を集めて撮られた三話オムニバスの映画。
 第一話:プレーガール
 何人ものボーイフレンドを掛け持ちする短大生の万里子だが、本命の菊村には美恵というガールフレンドがいて…
 第二話:社用2号
 スポンサーの社長のコネでドラマに出演している新子は自分がドラマを降ろされたことを知って愛人である社長に訴えるが…
 第三話:三女体
 田代幾馬が愛人の道代にピストルで殺される。彼の死をめぐって警察と道代と本妻の安子が繰り広げる騒動の顛末は…
review
 それぞれ簡単に感想を。
 第一話は増村的世界であるようで、まだ入っていないというイメージ。主人公の万里子は増村が好むキャラクターだが、いかんせん30分という時間は短すぎたか、これから物語が始まるぞという感じがしてしまう。もっと主人公のキャラクターを膨らませて、プロットを複雑にすれば増村作品一本出来上がりという作品かな。
 第二話はかなりいい。吉村公三郎の作品はあまり見たことがないけれどこの作品はコメディタッチでありながら、女の生き様をしっかりと捉えている感じがする。そのあたりなんとなく増村と似ている。あるいは増村が吉村の影響を受けているのかもしれない。「女経」でもいっしょにやっているし、「暖流」など吉村作品を増村がリメイクしている(あるいは同じ原作を映画化している)作品もいくつかある
。  第三話は前二つとだいぶ趣が違う。衣笠というと時代劇という印象があって、こういう現代劇はあまりイメージがない。この作品は役者はかなりよくて、乙羽信子の演技なんかはすごいのだけれど、ほとんど全部の場面を語りにしてしまったので、いくら回想シーンが入るとはいえ動きが少ない印象になってしまった。
Database参照
作品名順: 
監督順:   
国別・年順: 日本60~80年代

ホーム | このサイトについて | 原稿依頼 | 広告掲載 | お問い合わせ