更新情報
上映中作品
もっと見る
データベース
 
現在の特集
サイト内検索
メルマガ登録・解除
 
関連商品
ベストセラー

くまちゃん

2001/2/22
1992年,日本,98分

監督
小中和哉
脚本
小中千昭
撮影
志賀葉一
音楽
うさうさ
出演
草刈正雄
川合千春
冨永みーな(声)
風祭ゆき
大杉漣
preview
 彫刻家の石室昭雄は妻と別れて10年、今は20歳も年下の舞台女優の卵、中尾桂と恋愛中。今日もアトリエで制作に没頭していた。そこに突然屋根を突き破って卵形の物体が! その物体は制作中の作品を壊してしまった。そして翌朝起きると、その物体は割れており、部屋にはしゃべるくまのぬいぐるみがいた。
 宇宙からやってきた「くまちゃん」が巻き起こす騒動を描いたラブ・ストーリー。小中和哉監督は、「ブラックジャック」シリーズなどのVシネマに加え、最近では「ウルトラマン・ティガ」を手がける異色の監督。
review
 異常にくさいセリフとスタイリッシュといっていい映像にはさまれるくまのぬいぐるみのバランスが奇妙でおかしい。序盤は相当映像にこっていて、ズームイン・ズームアウトを多用するほか、つなぎ方に工夫してみたりいろいろいじっている。しかし、その間には必ずくまちゃんがはさまれ、それを見るとついにやっとしてしまう。
 この映画は相当すごいと思う。面白いかどうかは置いておいて、発想がすごい。なぜ宇宙人がくまのぬいぐるみなのか? どうして誰もくまちゃんがやってきた目的を聞かないのか? など疑問は尽きないが、この構成はすごい。映画の画面の中でどうしても異物(あるいは浮いた存在)であるくまちゃんが主役。それに、コメディであるようでコメディでないようでもある不思議な雰囲気。妙に凝った映像。くまちゃんがおもちゃの車に乗ってアーケードを疾走するところなんて相当すごい。
 まあ、だからといって話として面白いかといえばそうでもなく、川合千春の演技は拙く、みんながみんなセリフがくさい。そのあたりが普通に映画としてみることの出来ない原因かと思いますが、映画としては相当面白いですね。
Database参照
作品名順: 
監督順: 
国別・年順: 日本90年代以降

ホーム | このサイトについて | 原稿依頼 | 広告掲載 | お問い合わせ