更新情報
上映中作品
もっと見る
データベース
 
現在の特集
サイト内検索
メルマガ登録・解除
 
関連商品
ベストセラー

エンター・ザ・イーグル

2001/11/5
渾身是胆
Enter the Eagles
1998年,香港,93分

監督
コーリイ・ユエン
音楽
ペーター・カン
出演
シャノン・リー
マイケル・ウォン
アニタ・ユン
チャン・シウチョン
preview
 美術館に展示される世界最大級のダイヤ「皇帝のプリズム」、これを狙って盗賊組織が動き出した。厳重な警備体制をかいくぐるべく、綿密な計画が練られるが、その一方でけちなスリの二人組みもそのダイヤを狙っていた。果たして成功するのはどちらか…
 ブルース・リーの実娘シャノン・リー主演の香港アクション。
review
 ブルース・リーの娘とはしらずに見ましたが、シャノンはなかなかよかったです。それも含めてアクションシーンはなかなかよかったなと思います。分かりやすく香港映画で、全く新しさは感じさせませんが、単純なことこそ香港映画の美徳。アニタ・ユンは意外にアクションもいけるのでした。
 それにしてもプロットはとてもお粗末で、アクション映画にありがちなプロットよりもアクションシーンが盛り上がればいいという姿勢が感じられます。なんといっても世界最大級のダイヤを警備しているわりには警備体制が甘すぎる。それはもちろん、盗むこと自体よりも、その後の戦い(奪い合い)と言えるものにプロットの重点が置かれているからですがね。
 と、この監督コーリイ・ユエン、どこかで聞いたことがあると思ったら「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のアクション監督です。アクション監督という役職はよくわかりませんが、要するにアクションを指導したということでしょう。うーん、といわれても共通点とかはよくわかりません。でも「キス~」のほうがはるかによかった気はします。それはジェット・リーとシャノン・リーのさなのか、それとも香港とハリウッドの技術力の差なのか。
 ハイ、何も言っていない気がしますが、アクション映画というのは適当に作っても見れるものができてしまうという好例という感じでしょうか。逆に面白い作品を作るには相当作りこむか、何か面白い狙いを盛り込まなきゃいけないということです。
Database参照
作品名順: 
監督順: 
国別・年順: 香港

ホーム | このサイトについて | 原稿依頼 | 広告掲載 | お問い合わせ