更新情報
上映中作品
もっと見る
データベース
 
現在の特集
サイト内検索
メルマガ登録・解除
 
関連商品
ベストセラー

ビートルジュース

2001/8/16
Beetlejuice
1988年,アメリカ,92分

監督
ティム・バートン
脚本
マイケル・マクダウェル
ウォーレス・スカーレン
撮影
トーマス・エーカーマン
音楽
ダニー・エルフマン
出演
マイケル・キートン
アレック・ボールドウィン
ジーナ・デイヴィス
ウィノナ・ライダー
preview
 田舎の一軒家に仲良く暮らす若夫婦、夫は模型作りが趣味だった。しかしある日、車ごと川に落ちて二人は死んでしまう。ゴーストとなってその家に残ることになった新しい住人を追い出そうとするが、うまく行かない。その時、「バイオ・エクソシスト」なるビートルジュースの広告を目にするのだが…
 奇才ティム・バートンが一気にメジャーになったヒット・ホラー・コメディ。毒々しいながらもユーモアにあふれた不思議な世界。ウィノナ・ライダーもかわいい。
review
 これぞティム・バートン!という感じ。「猿の惑星」とか「バットマン」の大掛かりな感じも悪くはないけれど、ティム・バートンにはなんとなくB級な味わいを残して欲しい。この作品は実質的なデビュー作と言えるだけにまさにB級テイスト満載。ユーモアの作り方がとてもいい。独特のキャラクターの作り方も、もとアニメーター(しかもディズニーの!)だけあってとてもうまい。この映画の脇役のキャラクター達は一本の映画の脇役にしておくにはもったいないくらいいいキャラクターがそろっているとは思いませんか? ビートルジュース自身はそれほどとっぴというわけではないけれど、脇に脇に行くほどティム・バートンのオタクぶりがうかがえる凝りようになる。その当たりの細部に対する配慮が映画にとって生命線になっているような気がする。それはティム・バートン映画のすべてに通じて言えることでもあるような気はします。
 この作品が決して一般受けしないのはなぜだろうと考えてみる。わけがわからない。ナンセンス。安っぽい。しかし、ティム・バートンというのはお金をかけてわざわざ安っぽいものを作っているような気がする。アレック・ボールドウィンが顔を変形させるところだってクレイアニメだから相当手間も金もかかっているはず。しかしパッとみ異常に安っぽい。この当たりが受け入れられるかどうかが境界というところでしょうか。でも俺は好き。この作品と「シザー・ハンズ」は何度見ても飽きない。2つの作品はウィノナ・ライダー出ているということ以外はかなり違う映画ですが、どちらもとてもいい。あわせてみれば「猿の惑星」が何ぼのもんじゃい! と思うと思う。多分。
Database参照
作品名順: 
監督順: 
国別・年順: アメリカ60~80年代

ホーム | このサイトについて | 原稿依頼 | 広告掲載 | お問い合わせ